装丁を担当した『高野新笠の生涯──闇に浮かぶ虹』です。

桓武天皇の生母・高野新笠の生涯を歴史小説として描かれています。

今回、装画は牛丸和人さんに描いていただきました。

著者=牛尾日秀  みずすまし舎/2019年5月/四六判・並製本/256